Recipe レシピ

ふだんの食事が
あなたの暮らしを彩る特別なひと皿に生まれ変わる
感動オリーブオイル レシピをご紹介します。

材料を混ぜるだけ、火を使わないで作れる、さっぱりおいしいきゅうりのヨーグルトスープ

ディエボレ コラティーナ

暑い日に、冷蔵庫でよく冷やして食べるとおいしいきゅうりのスープ。トルコではとてもポピュラーなスープです。すりおろしたきゅうりに、ヨーグルトと塩や水を混ぜるだけ。フレッシュミントやにんにく、オリーブオイルで、風味を加えます。 作るときはにんにくの入れ過ぎに注意。小指の先ほど、ほんのちょっぴりでOKなのです。塩を少しきつめにすると、パーティのオードブルにも喜ばれます。

▼材料(2人分)

きゅうり…3本
プレーンヨーグルト…1カップ(250g)
ミントの葉…ひとつかみ(5g)
すりおろしにんにく…少々 
塩…小さじ1
ディエボレ コラティーナ…小さじ2

▼作り方

1.きゅうりはへたをとり、1/2本を残してすりおろす。ミントは水に5分ほどつけ、水気をペーパーなどでふきとる。
2.1のきゅうり、ヨーグルト、すりおろしにんにく、塩小さじ1、オリーブオイル小さじ2を混ぜ、水50~100mlを少しずつ加えてとろっとさせる。
3.刻んだミントを2に混ぜて器に盛り、残したきゅうりを刻んでのせる。ミントの葉とオリーブオイルをトッピングする。

使用したオリーブオイル

ディエボレ コラティーナ

ディエボレ コラティーナ

レシピ制作

有賀 薫

スープ作家。1964年東京出身。
家族の朝食に作り始めたスープが発端となり、約6年間、2300日以上朝のスープを作り続けている。気負わず楽に作れて食べられるスープのレシピをメディアで提供したり、スープや食のイベント、展覧会などを開催。著書に『365日のめざましスープ』『帰り遅くてもこんなスープなら作れそう』。

https://note.mu/kaorun
Next