About 感動オリーブオイルとは

食のアーティストが作り出す
「感動」を、
アミューズがお届けします

ライブで聴いた音楽に励まされ、笑顔になった日。初めて見たお芝居に心が震え、明日もがんばろうと思えた日。そんな記憶を紡ぎ出す中には、想いを込めてその作品を送り届けてきたミュージシャンや俳優がいます。

エンターテインメント企業であるアミューズは、創業以来40年、そんなミュージシャンや俳優、その他さまざまなジャンルにわたる才能の原石を発掘し、世に送り出してきました。

そういった才能を持つ人全てを、アミューズでは「アーティスト」と呼びます。一人一人が持つ才能と、その想いや情熱にリスペクトを込めて。

本物の才能を見つけ出し、世の中に送り出すこと。その作品がもたらすあらゆる「感動」によって世の中をもっと楽しく、豊かにすること。それが私たちの使命です。

この「感動」をもたらすアーティストは、どんな世界にも存在します。例えば、もっとも身近な食の世界にも。

本物のオリーブオイルには、情熱を込めて作り出す生産者が必ずいます。そこには徹底したこだわりがあり、揺るがない想いがあります。

「感動オリーブオイル」は、この40年間でアミューズが培った「本物」を見分ける目で見つけ出してきたオリーブオイルです。そして生産者たちは、アミューズに所属するアーティストと同じ、情熱と誇り持った、個性豊かな食のアーティストです。

この「感動オリーブオイル」が、音楽のように、お芝居のように、あなたの日々に寄り添い、人生を彩ることを、私たちは祈っています。

Story 01 アミューズと
オリーブオイルとの出会い

―「本物」を日本にも届けたい。

これが「感動オリーブオイル」プロジェクトの出発点です。

オリーブオイルは、輸入量が年々増加し、日本での市場が拡大し続けています。

ところが、品質の基準はまだあいまいで、多くの輸入品はエキストラバージン・オリーブオイルの国際規格を満たしていないと言われています。

日本では「オリーブ油」と「精製オリーブ油」の分類しかなく、「エキストラバージン・オリーブオイル」の表記は品質を示す基準とは無関係です。

主要生産国であるスペインやイタリアでは、オリーブオイルは9つのランクに分けられます(非食用を含む)。そして、オリーブの実を純粋に搾っただけでできるバージンオリーブオイル(一番搾り)のうち、化学検査と官能検査によって欠陥がないと評価された高品質のものだけが、最高ランクの「エキストラバージン・オリーブオイル」に分類されます。

この「本物」のエキストラバージン・オリーブオイルを確かめるべく、「感動オリーブオイル」プロジェクトのメンバーは、スペインやイタリアのオリーブ農園と搾油所を実際に訪ねました。

そこで出会ったのは、ただひたすら実直に、情熱を持って、良質なオリーブオイルを作り出す生産者たちでした。彼らによって作り出されるオリーブオイルは、それまで知っていたものとは全く違うオリーブオイルだったのです。

それらには、ワインのように、産地や品種によって一つ一つ違う、個性豊かな味、その奥深さ、作り手の誠実な想い、そしてそれらが生み出す「感動」がありました。

しかしオリーブオイルのこの「感動」は、ワインのようには日本ではまだ知られていません。

この「感動」を、日本にも届けたい。

そのために、エンターテインメント企業としてアミューズが培ってきたノウハウを生かせるのではないだろうか。

生産者たちが情熱を持って作り出すこの個性豊かな「本物」のオリーブオイルを、それぞれの個性豊かなキャラクターを大切にしながら、一つのグループとしてプロデュースする。そのようにして、日本のみなさまに「感動」をお届けしていこう。

こうして、「感動オリーブオイル」プロジェクトが発足します。

Story 02 生産者の思いを
日本に届けるために

最初から、彼ら生産者との提携がスムーズに運んだわけではありません。「日本のエンターテインメント企業がなぜオリーブオイルの輸入をするのか」という、当然の疑問が生産者から上がります。

そこで彼らに所属アーティストのライブ映像などを見てもらい、アミューズがどんな企業であるかを説明しました。

そして、オリーブオイルは「作品」、その生産者は「アーティスト」であり、ともに「感動を届ける」という理念に共感してもらうことで、生産者との信頼関係が生まれ、日本へオリーブオイルを届けられることになったのです。

生産者の日本進出を全面サポートするため、彼らとは独自輸入契約を結んでいます。また、スタッフは全員、日本オリーブオイルソムリエ協会認定の「オリーブオイルソムリエ®」「ジュニアオリーブオイルソムリエ®」「オリーブオイルアドバイザー™」の資格を取得。各国にいる彼らと毎日のように連絡を取り合いながら、日本の市場に合わせたバリエーションや仕様、サイズなどを相談し、輸入しています。

また、輸入の際は温度をコントロールするために「リーファー(低温)コンテナ」もしくは航空便を使用し、輸入後は25℃以下の定温倉庫でしっかりと管理。高品質のオリーブオイルをそのままでお届けできるよう、徹底的にこだわっています。

Story 03 「感動オリーブオイル」の
高品質へのこだわり

「感動オリーブオイル」は、高品質なエキストラバージン・オリーブオイルのみを厳選しており、
すべての商品において以下の基準を満たしています。

Story 04 レストランだけでなく、
ご家庭でも気軽に
オリーブオイルを

「感動オリーブオイル」は、一流ホテルやイタリアンレストランのシェフから、料理の「仕上げ」の特別な調味料として選ばれています。また、パスタやピザといったイタリアンだけでなく、お出汁や醤油など、和食との相性も抜群なので、ご家庭で使うことで気軽に「本物」の味を楽しむことができます。

オイルそのものに、自然で奥深い味わいがしっかりあるため、難しい調理をする必要はありません。「いつもの食事」に加えるだけで、素材の味が生き、お料理に奥行きが出ます。

旬の食材と合わせ、素材そのものの味をぜひお楽しみください。

Story 05 日本に本物のオリーブオイル
文化と
「感動」を広げたい

本来オリーブオイルは、精製されたサラダ油のように「味のない油」ではありません。辛さ、苦さ、甘さ、渋さの四つの味覚が複雑に混じり合うことで生まれる、風味豊かな味がきちんとあります。それは特別な味付けによるものではなく、オリーブの果実そのものが持つ自然の味です。

またその味は、ワインのように、品種、産地、生産者によってまったく異なります。それは、生産者たちがオリーブの実と真摯に向き合い、鮮度や品質に徹底的にこだわった結果生まれるそれぞれの個性です。

「本物」のオリーブオイルを口にした時、まずそれぞれが持つこの「味」に驚きます。この「味」を知らず、オリーブオイルが「味のない油」だと思い込むのは、とてももったいないことだと思うのです。

私たちは生産者のこだわりが詰まった「作品」の価値、そして「本物の味」を伝えていくことで、この「感動」を広げていきたいと考えています。

オリーブオイルをワインのように、様々な料理によって使い分ける文化を創っていきたい。そして日本のオリーブオイル文化を創り、浸透させてきたい。

何より、食べた人に「感動」して笑顔になってほしい。

それが、このプロジェクトを通した私たちの一番の想いです。

会社概要

商号
株式会社アミューズ
設立
(昭和53年)1978年10月16日
本社所在地
東京都渋谷区桜丘町20番1号
URL
https://www.amuse.co.jp/